fc2ブログ

大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

薩摩芋から思うこと・60兆の細胞を入れ換え体質を変える方法1/11

完全菜食をしていた時は薩摩芋(陰性/紫・甘い・暑い国生産物・煮るに時間がかからない)を食べると胃が酸っぱくなり陰性症状の胃痛になりました。

そんな時は、陽性な醤油や味噌を舐めたり胡麻塩や鉄火味噌をいただくと瞬間解決(笑)

今季は薩摩芋三昧で、堪能しています(o^-^o)

猪おじちゃん・母上・JA…。

さまざまなルートから届きます。

幸せな薩摩芋三昧です。

改めて、60兆の細胞を自由自在に操る「陰陽魔法のメガネ」は素晴らしいです!!!

それを知りマスターすると、西洋医学やカロリー栄養学での疑問難問がいとも簡単に溶き解れます。

大東は基本的に、簡単に陰性に傾きます。

早ければ一日、いや、一口、それはそれはびっくりなくらい(笑)

水分・アルコール・甘いもの・果物・生野菜が苦手。

味噌汁さえ、飲めば下痢をする子供時代でした。

陰陽陰陽、上手に段階を踏みながら体質を変えていく。

体調も思考も、なりたい自分になっていく。

大東的には、現代人の動物過多を涼やかにするためには最初は陰性の食事を中心にいただく指導をします。

私が学び始めた頃は、「陰性食なんて!!!」と言われていました。

時代によって人によって、食べるものも違います。

様々な好転反応や変化を経験確認しながら脱皮成長。

静静と植物性の陽性な昆布や胡麻塩…、の摂取。

煎り玄米や陽泉の抱き合わせ。

その後、甘いものやアルコールの陰性物がいらなくなってきたら少しの鰹節や卵などを追加。

徐々に少しの動物をいただき中庸にバランスを取る知恵を身に付ける。

陰性も陽性も必要で、何でも食べられる人生であり楽しめるようになると素敵です。

極端な陰性の貧血や白血病などの場合は水分を極限まで切り、「命のスープ(玄米スープ昆布入り)+胡麻塩・鉄火味噌」から始め、牡蠣の味噌煮や塩雲丹などを追加。

体質・春夏秋冬・環境の見極めができると楽しいです。

一生、学びです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/8649-dfa66efb

 | HOME | 

Calendar

« | 2024-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/