fc2ブログ

大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

梅干し作りの感想7/31

難しいことを簡単に、が目標の大東です。

コロンと転がした乳児(笑)脇目に梅干し作り。

よきよき~。


遅くなましたが
梅干し作りの感想です(^^)

去年は悪阻で断念し、今年楽しみにしていた念願のあい先生の梅干し作り!

家のまわりに田んぼや工場があり、農薬や空気の汚染で外に干すことに違和感を感じ始めていて、そんな自分にいつも必要な情報をくださるあい先生。

今回は、「外に干さなくても良い梅干し作り」を教えていただきました。

傷梅で、梅ジャムも伝授したいただきました!

梅ジャムは丁寧な下仕事はあるものの、とっても簡単でびっくりしました。

しかしこの甘さは砂糖の甘さであり、熟成させることにより美味しくなることがわかりました!

梅ジュースもすぐ飲めるけど、それは砂糖水を飲んでいるのと同じで、本来の果物の糖分は時間をかけて熟成される。

腸内細菌、免疫力を上げるためならば発酵熟成を経過させることが必要。

時間のエネルギーが必要。

先生のお話を聞いて、作る目的は何なのかを明確にできました。

梅をあく抜きをした煮汁も桃の香りに騙されて飲んでみました。

身体の状態によっては美味しく感じるそうで、私はお持ち帰りするほど身体に必要と感じました。

この苦味は肝臓の薬、、知らなければすぐに捨ててしまうこの汁も、意味が分かると身体の状態を知る判断材料になり楽しめました。

梅干しはめんどくさいと思っていました。

先生にちょっとでも簡単に、若い人でもできる、めんどくさいことをカットしたやり方を伝授していただきました。

去年、悪阻でやらなかったことがとてももったいなかったなと思いました。

赤紫蘇を揉むのも大変な作業に思っていましたが、理科の実験をしているようで楽しめました。

梅の実を入れて揉み発色させる発想はありませんでした!

赤色の汁が、とても綺麗でした。

梅干しは天に上る甘い香り、酸っぱく極めて陰性だけど塩を合わせることで陰も陽も入っている。

鰹節をいれたら陽性に、蜂蜜だと陰性に。

陰性の梅ジュースのかくし味に塩、ジャムに醤油で、奥行きのある別物に変身。

先生のちょっとした裏技を教えていただき体の体質が分かれば、その時期によって楽しみ方を変えれることを知りました!

天日干しする意味も教えていただき、自分がどんな目的で梅干しを作るのかを理解したので、自分には瓶のままが合っていて求めていたかたちでした。

先生の梅干しの作り方は、1番簡単で1番徹底している!

梅干しが食卓から無くならないよう、先生が簡単に安全に作れる梅干し作りを考えてくださったので、私も我が子に受け継いでいきたいと思います!

来年は長男と一緒に作るのが楽しみです。

その前に先生と作ったこの梅干しが出来上がるのが楽しみです!(^^)

タオルの上で瓶をコロコロするのも息子と楽しみました!

赤ちゃんと一緒に先生の対面レッスンを受けることができて、赤ちゃんの様子も見てもらえて安心しました。

自然にハイハイするのを待てばいいと言ってもらって、周りと比べたり成長に焦りを感じていたことに気づき、先生はいつも求めている答えを与えてくれます。

ありがとうございます。

先生とても貴重で特別なレッスンをありがとうございました。

先生とお話を楽しみながら勉強でき一生物の技を身につけて帰ることができ、毎回少しずつ母として妻として成長できていると思います!

また次回もレッスン楽しみにして過ごします!

長文になり申し訳ありません。
読んでいただきありがとうございました(^^)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/8453-d85c1d79

 | HOME | 

Calendar

« | 2024-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/