fc2ブログ

大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

幻のスイーツの感想7/18

ありがと~?

長きに渡る食の処方箋を上手に努め上げた結果ですよね。

一年は長く険しい道だったからこそ、の現在に細胞レベルに染み付いた。

ほんとに食べられる量も激減して寂しい限りですが、体感を楽しみましょう。

大東は寝たきりから7年経過して、体重が9キロ減で安定。

140?の身長であと5キロ減を目指す。

本当に小さなおばあちゃんになれるかも(笑)

食べたい物を、体の声を聴きながら楽しむ生活ができることは何と幸せなことか。

大東のたっまあぁ~に作るスイーツ(笑)を喜んでくださってありがと~(*^^*)


あい先生お手製の幻のスイーツ、夕食がわりにワクワクしながらいただきました。

カスタードクリームと甘平(柑橘)ジャムのたっぷり二重奏のタルト。

甘平とは、初めて聞いたみかんの品種。極薄の外皮に、はちきれんばかりの甘い果肉がぎっしり詰まっている新品種のみかん。皮が薄いゆえに割れやすく、育てるのが難儀するそうです。

甘平の甘さや瑞々しさを最大限に活かすため、砂糖を極限まで控えて作ったジャム。一滴も残したくないくらい美味しい。

瑞々しい甘平ジャムを受け止めるため、タルトは、あえて硬めの仕上がりに。塩加減も控えめ。タルトの主役は、甘平にある。

カスタードクリームと甘平の絶妙な味のバランス。

今、自分が食べたいものを自分で作って食べること。それができることは、何と幸せなことなのでしょう。

私はあい先生に1年間、処方箋をしていただき、以前とは比べられないほど、めっきり少食になりました。

必要以上、食べると体が重くなる、お腹が苦しくなり便秘になることを身をもって体感できるようになり、自然と少食になりました。

今でも沢山食べられる人を見ると、うらやましくなり、「まだまだ私は食いしん坊で、食べ物にいやしいなぁ」と、反省します。

少食だからこそ、本当に美味しいと思える物を食べたいだけ食べたい。市販のもので美味しい物に巡り合えたときは、その商品を忘れないように必ず、手帳に記録することは、もちろんですが、なかなか巡り合えないことの方が多い。

仕事で疲れると、市販のお惣菜に頼ってしまいますが、体は喜んでいないと感じます。

だからこそ、自分が食べたいものは、自分で作るしかない。あい先生が常々、おっしゃっている通りです。

あい先生のブログを拝見していると、あい先生は、自分が食べたい物を手間をおしまず、丁寧に作っておられます。

自分の体の声を聞き、自分のために料理するということは、自分を大切にするということ。それができる、あい先生はすごいです。

まだまだ力量不足ではありますが、私はお世話になっている方に、喜んでいただきたいと思い、先日も、玉ねぎ味噌や青じその醤油漬けなどをおすそわけしました。

その方の味の好みをイメージしながら、お料理をする楽しさを少しずつ味わうことができるようになり、嬉しいです。それができるようになったのは、あい先生、妙君先生のおかげです。


あい先生。今、幻のスイーツ2個目を食べ終わりました。

タルト生地に甘平ジャムの汁が染み渡り、昨夜より、ますます味に深みが増していました。

タルトとカスタードクリーム、甘平ジャムのなんとも言えない絶妙な味のバランス。最高に美味しかったです。

今日も朝早くから仕事に出かけた旦那さん。

旦那さんに「一緒にタルトを食べよう」と、声をかけたかったけど、かけられず。2個とも食べてしまいました。

今日は夜勤。今からぐっすり眠って、夕方からの仕事に備えます。幸せ気分でよく眠れそうです。ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/8433-9af8ab62

 | HOME | 

Calendar

« | 2024-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/