fc2ブログ

大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

沢庵シリーズその後12/26

今では糠と塩とだけで漬け込んだ沢庵は貴重。

沢庵の贅沢煮を食べたいがためにだけ沢庵を漬ける。

そんな贅沢。

沢庵の贅沢煮は沢庵の仕込みから考えると気が遠くなりそう(笑)

しっかり漬かった沢庵を薄くスライスして何回かに時間をかけて塩抜きをする。

貴重な塩分を抜いて再び味付け&燃料費をかけてじっくり仕上げる贅沢さから贅沢煮と言われる。

ちょうど良い硬さまで頃合いをみなから煮る。

この段階でも、忙しい若い面々にはとても出来ることではない。

近隣に漂う素晴らしい独特の発酵臭は、解るひとにしか解らない(笑)

適度な硬さになってからの味付け、これから4~5日かけて味を煮含める。

大家さんの奥さんが外に漂う香りに鼻をクンクンさせていそう(笑)

今年も御歳暮がわりにお届けします。


先生、沢庵、沢庵の贅沢煮、糠ふりかけ 頂きました。

沢庵、しっっかり漬かっていてほんのり酸味があって、どこにも売ってない本物沢庵です。

今は手作りといっても甘かったりいろいろ入っていたり。

昔の人は美味しい物を食べていたんだなと気づかせてくれますね。

回りの糠が勿体なくて洗わず食べています。

沢庵の贅沢煮、大好物なので誰にもあげず、私ひとりで大事に頂いています。

食べたくても、沢庵作りからなので大変だし、沢庵を煮物にするのは勿体ないし、作る時の臭いを考えたらできないし(笑)

結果、今年もあい先生の贅沢煮を待っていました。

やっぱりやっぱり絶品です。

沢庵の糠床糠ふりかけ、こどもも大好きで、温か白ごはんにたっぷり贅沢にかけて頂いています。

玄米を嫌がっても、炒り玄米ごはんを嫌がっても、これは美味しいらしく、私も安心します。

どれも早速本当に腸が喜んでいるのがよくわかります。

ご馳走にも興味がいかず、ひたすら大根と糠、たっぷりごはんを炊いて頂いています。

美味しいです\(^o^)/

柚子ジャム、甘味、苦味、酸味、パーフェクトですね。

砂糖の甘さに頼らない深い美味しさだと思います。

柚子ジャムは市販品でもよくありますが、別物ですね。

でも手作りでもなかなか出せないあい先生の味だと思います。

柚子のえぐ味をこれだけの美味しさに変えれるなんて!

大切にお薬にします( ´∀`)



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/8141-a15c5f7c

 | HOME | 

Calendar

« | 2024-04 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/