大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

師範科前半1回目の感想6/22

2年前の春からマクロビ食を勉強して行くと言うよりは、自分の身体を楽(皮膚痒み)にしたいとあい先生の元にお世話になりました。

3度目の梅の時期を迎えました。

そして、いつの間にか師範科という思いもよらぬ所にもやってきました。

実習は「持ち寄り」の授業と聞き尻込みしつつ、何度と息子に作ってきた

①「小松菜の混ぜご飯」

メニューをノートに書き出し陰陽の意味を付け足して行く行程も楽しめました。

急遽付け足した

②「蕪と新玉ねぎのポタージュ」は白野菜スープを2年間作って得た野菜への感覚を試されるような物でした。

が、先生にも気に入って頂けて自信になりました。

倉さんのお豆腐を使った

①餃子
②ひじきの白和え
③ひじきのサラダ

は、基本のレシピからのバリエーションの変化に驚きました。

豆腐の陰性をどう生かして消すのか…、抱き合わせるひじきや人参、すりゴマの陽性を使い、味噌や酢の発酵食品で味の深みを出す。

夏だから陽性のひじきは水で戻すだけ。

という、これまで何度と耳にしてきた事が詰まったメニューでした。

豆腐の陰性を味方にする、すりゴマの使い方(先生がたっぷり追加投入)は分量も大切だとわかりました。

陽性な私はどう陰性を摂ろうか…、と、いつも考えがちなので新鮮でした。

あい先生の「パン3種」は、どれもむっちりと小麦の甘みや風味が詰まっていて贅沢な味でした。

クリームチーズの動物と抱き合わせのイチゴジャムやレモン汁…。

陰陽のバランスを取る方法は、自分で無意識にしている事にも理由が付き罪の意識がなくなりました(*^o^*)

乳製品が沢山入っている私には、レモン汁増量希望な程でした。

胡瓜の浅漬けと古漬けを同時に食べたのは初めてで、授業の時は浅漬けが美味しく感じました。

が、汗をかくようになった昨日は古漬けを美味しく食べられました。

体調によって、同じ材料でも時間や塩加減がこんなに左右する。

と授業以降、感じ取りやすく慣れたとおもいました。

息子の身体や気持ちの変化…、にも柔軟に対応して行ける自分にも近づいてると良いです。

先生の、「マクロビは通過点」。

という言葉も凄く納得できました。

いつの間にかマクロビ食を勉強しなくては!

と、頭でっかちに力んでいた自分にも気づきます。

先生の体験談や世の中を陰陽で見る目を養う事の意味、が本当の意味で勉強になると分かりました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/4600-08a10e99

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/

FC2Ad