大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

【上級感想】です4/9

上級も終了。よく頑張りました。


あい先生、いつもありがとうございます!

×××××××

・上級では、台所を薬局にする技術と考え方を教わりました。
食材選び、切り方、火入れ、手の動き、手順など、すべてに理由がありました。そして、あい先生らしく、大事なポイントは押さえつつ、上手に手抜きをする方法を教えてくださいました。昔ながらのやり方や理想にとらわれすぎず、ちゃんと実生活に取り入れられる生きた知恵を教えてくださるところがあいベジの魅力だと思います。また、知恵や技術だけではなく、一番大切なことを教わりました。それは、「相手に何が必要かを観察し、想像し、それを愛情をもって注ぐこと」です。私は利己的で相手を慮ることに乏しく、あい先生、妙君先生、あいベジの生徒さんの相手を思いやる姿をみて、反省することが多々ありました。まずは、縁あって私の手元にある道具、食べ物、人、出来事などできるところから感謝の気持ちをもつことからはじめたいと思いました。反省することも多かったですが、上級では自分の成長にも気づくことができました。

サラサラに仕上がった白ゴマふりかけや超絶美味な鉄火味噌など、あいベジに通いはじめた時には想像もしていなかったものが自分の手でつくることができた喜びは大きかったです。

・あいベジに出会って変化したこと…、変化を考えていたら、「煎り玄米」にまつわる自分の変化に気がつきました。

あいベジに通いはじめた時、大量に買った煎り玄米を「体にいいから」と友人にプレゼントしました。でも、その煎り玄米がなぜ良いのかという理由が言えず、「子供が陽性化して元気になるよ」と言ったら、「うちの子はすでに元気すぎるから…」と言われた出来事を思い出しました。

今なら、その人がどんな食生活をしているかを聞いて、陰陽の説明を加えた上で、その人に必要ならプレゼントするだろうな~と思います。

あいベジに通いはじめて、3年。

最初の頃は、あい先生に「煎り玄米つくるのは大変だから無理」と言われてました。なので、毘沙門寿司の煎り玄米を大量買いしてました。
その後、食事に白野菜スープを取り入れ、陰性化したのをきっかけに煎り玄米の作り方を個人レッスンしてもらいました。心の中では「あい先生と一緒じゃないと、私みたいな面倒くさがりは煎り玄米を作ったりしないよ~」と思って、基本は毘沙門寿司さん頼みでした。

初級、中級とコースで学びはじめて、一緒に学んでいる方がお手製の煎り玄米を使ってらしゃるのを見たことと自分で作った方が香ばしくて美味しいので、いつの間にか自分で玄米を炒って、作るようになりました。

今では妙君先生のようにすり鉢ですったパウダー煎り玄米も作っています。

これらのことから、煎り玄米に関する陰陽の知識や煎り玄米を作る技術、そして、自分の力を信じてやってみる気持ちをあいベジで培うことができたんだな~と思いました。

学びはじめた頃との変化に改めて驚いたのと同時に、あい先生、妙君先生、一緒に学んだメンバーに感謝です。

本当にありがとうございました!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/4493-71293c02

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/

FC2Ad