大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

あいベジ上級4回目の感想「白胡麻ふりかけ」「椎茸スープ」「大根湯系」2/20

あい先生、先ほどもありがとうございました!
息子への接し方について、甘やかさないように気をつけてみます。

先日の授業の感想文です。

・ちょうど一年前に陽性食の個人レッスンを受けていた時に「白ごまのふりかけ」を作りました。

その時は味噌の大きな固まりができたり、作り終わった時の疲労感が相当ありましたが、今回は味噌とは思えないサラサラの出来で、現在の体調やメンタル面の成長を感じることができて、嬉しかったです。

・陰性の飲み物のお手当てについて、手順が分からず、手間取ってしまいました。

その出来事から、いかに自分で調べる努力や実験をせず、あい先生に頼りきっている自分の姿勢に気づかされました。

何かあった時、「このお手当てを使おう!」とひらめくために、日頃からの実践を大事にしていこうと思いました。

・しいたけスープと一言でいっても、先にしょうが&醤油を用意しておいた上でスープを注ぐのか、しいたけスープにしょうが&醤油を入れるのかで味が全く異なり、その違いが病気治しの時には重要だと学びました。

陰陽の微細な違いが大きな結果の違いを生む食箋の世界に驚いたと同時に、手順や火入れ、食材の選定、切り方などで日頃から飲んでいる白野菜スープももっと体が喜ぶように作れるんだな~と思いました。

何を食べたいのか、どうすれば美味しく感じられるのか、体の声をもっと聞き取れるようになりたいです。

・第一大根湯は繊維質が大腸を掃除してくれる効果があり、第二大根湯は液体だから即効性があり、血液で全身をめぐって腎臓を掃除してくれる…など、理屈を教えてくださるのが分かりやすくて、ありがたいです。

手をぬくところと力を注ぐところの肝が分かるように、想像力を鍛えていきたいと思いました。

・白ごまのふりかけは体質、体調に合わせて、味噌の種類や分量を変化させることができるところが魅力だと感じました。

今回はあい先生がしょうがをテキストの3倍の分量で作るように指示をだしてくださいましたが、今後はそのアレンジを自分なりにできるようになりたいと思いました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/4435-a59f2b10

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/

FC2Ad