大東あい・心にご飯

ゆっくり・ゆっくり思うがままに…大東あいの身近に起こる出来事。あんなこと・こんなこと…

師範科3回目感想1/27

あい先生 先日は講義ありがとうございました。

感想です。

講義内容/体感から始まり、食材を細かくひとつひとつ分析していきました。

色や、宇宙、自然界のことなどなど、なるほど~こう繋がっているのか!っ発見できることもあれば、便の分析など、想像できないこと、イメージがつかめないもの、しっくり頭に落とせないものなどもあり、陰陽の深さに気づく講義になったと感じました。

補講も含め、自分で納得できるようになるまで、日頃何気ないものをきちんと観察していきたいです。

持ち込み食/今回私は中華丼に決めました。

我が家は頂き物の野菜が多く、この時期は 大根 白菜 かぶ ねぎなどがよく頂けます。

中華丼は家族皆が大好きなメニューなので、今回練習することで、我が家の定番のお袋の味を作りたかったからです。

食材
高野豆腐 (ー~±)ニンニク(-) しょうが(-) ねぎ(-)大根(陰性の中の+) 人参(陰性の中の+) 白菜(-) 干し椎茸(-) しょうが(-) 打ち豆(ー) さやいんげん(-) うずらの卵(+) キクラゲ(-)

調味料
甜菜糖(-) 味醂(-) 塩(+) 醤油(+) ごま油(-)

調理工程
・水に戻した高野豆腐を一口に切る(-)
・にんにく しょうがのすりおろし ねぎのみじん切り 醤油を高野豆腐にいれて揉む(ー)
・小麦粉をつけて揚げる(高温の熱→+
・ごま油でしょうが たまねぎ 人参 大根 を順に炒める(+)
・水(-) を入れて煮込み(+)、砂糖 味醂 塩 醤油を入れて味を決める
・干し椎茸 打ち豆をいれる
・片栗粉(-)でとろみをつけて煮る(+)
・茹でておいたさやいんげんをいれる

今回の中華丼の前にも、1度中華丼を作り、先生に試食していただきました。が、「味がうすい。ボケている」とのこと。
今回はそれを踏まえて、何度も味見しながら作りました。

肉があまり食べたくない方もおいでたので、今回は豚肉を高野豆腐の唐揚げに変更しました。

うずらの卵は、かなり久しぶりに買いましたが、高野豆腐では陰性過ぎる人用に、調整できるように入れてみました。

中華丼は、具を自分の体調を考えながら好きなものをよそえるので、皆さんにお任せできるのが良かったと思いました。

先生からは、「高野豆腐を1度唐揚げにすることで、味が効いている。」との感想に、ヒト手間加えて良かったと思いました。

今回の中華丼は、うずらの卵が入っていることや、味もしっかりしていることに、家族も喜んで、物凄い勢いでなくなりました。

面白いのは、家族によって欲しい塩分量も違います。

かなり濃いめの味でも、主人や次男(陰性)はたっぷりかけていました。

家族に寄り添えるメニュー もっと増やしていきたいです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://aimacrobi.blog61.fc2.com/tb.php/4422-98c67fcc

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

大東あい

大東あい

「心にご飯」「台所は薬局 あなたも薬剤師」をモットーに、おいしい・簡単・楽ちんな「あいベジ」を提唱。
リマ・クッキングアカデミー師範科卒、日本成人病予防協会健康管理士
「あいベジ」で、あなたも素敵な女性に。

https://twitter.com/aichan_umeboshi/

FC2Ad